WTS 1987 | Hedi Slimane isn’t interested in his own brand. – wts
news

Hedi Slimane isn’t interested in his own brand.

Dior HommeやSaint Laurent Parisのデザイナーとして大きなムーブメントを起こしてきたHedi Slimane(エディ・スリマン)が Vogue イタリアのインタビューにて、常にファッションデザインに戻ることは選択肢にあるとした上で自分のブランドを作ることには興味がないとコメントした。インタビュアーに「何年も前にStyle.comのインタビューにてあなたが自身のブランドを作ることに言及したのを見ました、素晴らしいブランドになると思うのですが。」と話したのに対して、エディは、「私自身の信念に忠実にいる限り、そして仕事に対して誠実でいつづける限り、デザイナーに戻ることは常に選択肢になります。なぜ2000年代初めに私が自身のブランドに言及したのか分かりません。当時と比べ私も変わったと思うが、以前は夢遊病だったのだろう。今は全く興味がない。」とコメントしている。
興味がある方はこちらから原文をご覧下さい。
 
Hedi Slimane mentioned he isn’t interested in own brand during Vogue Italy. Interviewer said “I saw a video interview you did with Tim Blanks for Style.com many years ago in which you mentioned the possibility of creating a brand or house of your own — would that ever interest you? “Slimane” would make a great, great label…” Hedy answered “Going back to design will always be an option, as long as I stay loyal to my principles and keep protecting the integrity of my work. On a side note, I don’t know why I did mention a brand under my name back in the early 2000s? I guess I have changed, but more likely I was sleepwalking. I have absolutely no interest.”
You can check whole interview from here.
 

 
Source Via,Businessoffashion

FacebookLine