WTS 1987 | Eric Hazeの日本初の大規模個展「INSIDE OUT」が、12月9日より開催 – wts
news

Eric Hazeの日本初の大規模個展「INSIDE OUT」が、12月9日より開催

English follows Japanese.

ニューヨーク出身のアーティストEric Hazeの日本初の大規模個展「INSIDE OUT」が、12月9日(金)よりRAYARD MIYASHITA PARK3階のギャラリー「SAI」で開催される。

ヘイズは、Keith HaringやKenny Scharf、そしてFuturaなどとアメリカのグラフィティシーンを牽引。

Public EnemyやThe Beastie Boys、RUN DMCなどのロゴやアルバムカバーのデザインを手掛けたことでも知られる。

会場では、ヘイズのグッズに加えて藤原ヒロシ氏が手がけるfragment designとのコラボレーションもリリースする。また、BE@RBRICKのコラボレーション新作を先行販売。

興味がある方はぜひ足を運んで頂きたい。

会期:2022年12月9日(金)~12月25日(日)
会場:SAI
住所:東京都渋谷区神宮前6-20-10 RAYARD MIYASHITA PARK South 3階
時間:11:00〜20:00(無休)
電話:03-6712-5706

New York-based artist Eric Haze’s first large-scale solo exhibition in Japan, “INSIDE OUT,” will be held at Gallery “SAI” on the third floor of RAYARD MIYASHITA PARK from December 9 (Fri.).

Haze has led the American graffiti scene with Keith Haring, Kenny Scharf, and Futura.

He is also known for designing logos and album covers for Public Enemy, The Beastie Boys, RUN DMC, and others.

At the event, in addition to Haze’s merchandise, collaboration with fragment design will be released.

They also pre-releasing new BE@RBRICK collaborations.

Dates: December 9 (Fri) – December 25 (Sun), 2022
Address: RAYARD MIYASHITA PARK 3F GALLERY SAI, 6-20-10 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo

FacebookLine